森川 有栄

Cinematic Eyes
代表

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Profile

北名古屋市生まれ。デザイン専門学校を卒業後、グラフィックデザイナーとして約20年勤務の傍ら、2014年より映像・写真のカメラマンとしても活動の幅を広げる。現在は、映像・写真・デザイン制作を事業としたCinematic Eyesを立ち上げ、独立。企業PV・MV・ブライダルなどの映像制作、プロフ写真など写真業、ポスター・フライヤーなどのデザインなど、3分野を1人でこなすという、稀有な存在として活躍中。

事業案内

会社名 Cinematic Eyes
所在地 名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
業務内容 映像制作,写真撮影,デザイン,カメラマン,デザイナー

お仕事の業種(専門分野)を教えてください

森川さん
映像制作

普段お仕事ではどんな事をされていますか?

森川さん
映像・写真・デザイン事業を全て1人で行っているので、例えば、映像制作は脚本・キャスティングもやりますし、撮影・編集も全て行います。

お仕事をはじめられたきっかけは?

森川さん
子供の頃から漫画を描いたりするのが好きで、高校時代にデザイナーになりたいと考え、専門学校へ進学しました。
カメラは5年前まで全く興味がなかったのですが、とあるきっかけから映像と写真がもたらす〝感動〟や、人の役に立てる喜びを知り、独学で勉強しながら2014年よりカメラマンとしてスタートしました。

こどもの頃、大きくなったら何になりたかったですか?

森川さん
子供の頃は漫画家・イラストレーターなどクリエーターになりたいと思ってました。

お仕事されるとき心がけておられることはありますか?

森川さん
僕という人間を信頼してもらうことですね。
どの仕事でもそうですがお互いの信頼関係がなければ、お客さんのご要望以上のものを制作することは難しいと思っています。
スキル以前に、こうしたいっていうお客様のご要望を声に出してもらえるかどうか、本当にお客様が望んでいる結果はどういうことかということを導き出すことが、結果的にいい仕事ができるかどうかに繋がると考えています。
あとは撮影などは楽しかったって思ってもらうことも。

今後はどのような事に取り組んでいきたいですか?

森川さん
カメラマンとしては、音楽関係の仕事が多かったのですが今後は企業PVなど事業の発展に繋がる制作や、家族の絆を深めるためのメッセージ動画など、映像や写真を通して人の心に感動をもたらすことに取り組んでいきたいと思っています。それをわかりやすい形で伝えるのはデザイナーとしてできることだと思います。

サガッスを通してPRしたい事があればどうぞ!

森川さん
Cinematic Eyes独自のプロフィール動画を推進しています。
プレゼンタイムのツールとして、SNSで事業の認知度UPツールとして様々な使い方ができます。是非、伝わる動画であなたのビジネスを世界に発信しましょう。CInematic Eyesができること。

名古屋・浜松の映像・写真・デザイン制作
https://cinematic-eyes.com

ご相談はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です