尾花 智明

合同会社GENIC
代表

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Profile

昭和53年、愛知県春日井市に生まれる。地元の高校へ進み、野球に打ち込む。
平成9年、南山大学へ入学。ところが、目的もなく進学したため、2年あまりで退学。
平成12年、税理士資格を取得するため、名古屋駅前の専門学校へ通う。
平成15年、税理士資格取得後、名古屋の大手税理士法人へ入社。 法人監査担当として、延べ50社の税務監査に携わるかたわら、審理担当として、年間約100社の税務申告書検算業務に従事。
平成18年、コンサルティング会社設立(共同経営)。取締役として経営に従事し、併設する税理士法人の代表を務める。 その後、コーチングとの出会いをきっかけに、人の分野から企業の成長を支援したいという想いが強くなる。そして、「組織を強くすること」が自らの使命であると悟り、独立を決意。
平成27年、合同会社GENIC設立。
税理士業に加え、チームコーチングや企業研修など、主に中小企業へ向けて組織開発コンサルティングを展開中。

事業案内

会社名 合同会社GENIC
所在地 名古屋市天白区保呂町1816

お仕事の業種(専門分野)を教えてください

尾花さん
組織開発、チームコーチング、企業研修、税理士

普段お仕事ではどんな事をされていますか?

尾花さん
①税理士としてお金の分野から
②組織開発コンサルティングや企業研修を通して、人の分野から

中小企業の健全な発展のためのご支援をさせていただいております。

お仕事をはじめられたきっかけは?

尾花さん
目標だった税理士になり、税理士業界一筋で働いてきました。
しかし、ずっと持ち続けていたある想い。

それは、「税務・財務だけでは企業は救えない」ということです。

たくさんの中小企業の顧問として関わらせていただいてわかったことは、多くの経営者の本当の悩みは人の問題であるということ。
相談には乗れても、解決のための具体的なお手伝いができないことに、歯がゆい思いをしていました。

そんなときに、私は運よくコーチングに出会いました。
コーチングの学びを通じて、本当のコミュニケーションの大切さを学びます。

そして、学びを深めてゆくと、コーチングが組織にも応用できることを知ります。
コーチングを応用したチームコーチングは、組織に『対話』の場を創ることで、変化が生まれ、驚くような成果に繋がることを知りました。

リアルに組織が動いていくプロセスに貢献できること。
これは、数字の世界でしかサポートができなかった私にとっては、この上ない喜びでした。

そして、居ても立っても居られなくなり、会社を立ち上げ、今の仕事を始めました。

こどもの頃、大きくなったら何になりたかったですか?

尾花さん
中日ドラゴンズの選手です!
中学2年生まで、なれるものだと思い込んでいました。。。

お仕事されるとき心がけておられることはありますか?

尾花さん
・お役に立ちたいという熱い想いを持ちながら、常に冷静で客観的な判断ができる自分でいること。

・どんな人でも生まれ持った使命があると信じて、その人の輝く部分へ目を向けること。

・すぐにNOと言わず、一度は考えてみること。(どんな無茶な相談であっても笑笑)

今後はどのような事に取り組んでいきたいですか?

尾花さん
企業はもちろんのこと、地域や学校、コミュニティなどに『対話』の大切さを広めてゆきたいです。

戦前の日本人は、お互いを尊重し・認め合い・助け合ってきた、とても精神的に豊かな民族でした。
それが戦後、経済成長を優先しすぎたあまり、心の豊かさが失われてしまっているように感じます。

対話によって、人と人が深くつながって、心が豊かな人が増えていったら素晴らしいと思います。

それが、日本本来の美しく誇らしい姿へとつながっていったら、最高ですね。

サガッスを通してPRしたい事があればどうぞ!

尾花さん
企業文化は戦略に勝る!

いくら完璧な戦略でも、実行するのはすべて人。
企業文化を良くしてゆくことが、良い組織創りへの最短ルートです。

人を大切にされている企業や組織なら、必ずお役に立てる自信があります。

皆が活き活きと働き、最高のパフォーマンスを発揮する組織を一緒に創ってゆきましょう!

その他なんでもご記入ください!

尾花さん
見かけによらずちょっと人見知りですが(笑)、意外にしっかり話が聴けると自負しております。
でも、けっこうしゃべれます(笑)

企業や組織のことでお悩みの方は、とにかく一度ご相談くだされば嬉しく思います(^^)

ご相談はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です