谷口 祐平

株式会社nano
チーフ

ArrowArrow
Slider

Profile

1992年、和歌山県生まれ。
小学校から10年間野球を続け、高校時代には甲子園出場を果たす。

中京大学スポーツ科学部に入学後、「トレーナー部会GET」や若手トレーナー団体の「Golden Age Project」にて解剖学や障害予防などの専門的なトレーナーの知識を得る。
また、大学在学時にはトレーナー研修のためアメリカを訪れ、EXOS(元Athlete performance)やFischer Institute などで最新のトレーニングやコンディショニング方法を学ぶ。

大学生へのトレーニング指導をはじめ、小・中・高校生へのトレーニング指導も担当し、野球雑誌『nines』でコラムも執筆。
活動は幅広く、子どもを持つママさんたちへの産前産後ケアアプローチや、高齢者への介護事業、実業団、有名ダンススタジオ、日本代表選手へのトレーニング指導を行うなど、様々な年齢層、要望の方々に「指導が分かりやすく成果が上がる」と好評を得ている。

2015年よりパーソナルトレーニング&ピラティススタジオnanoにて活動を開始し、最年少チーフに就任。
現在では専門学校の講師や外部での講師活動を通し、専門力と人間力の高いトレーナーの育成にも力を入れている。
アスレティックトレーナーの知識やピラティス、コアコンディショニングなどの知識、また、自身のフィットネス男子オーディション出場経験を生かし、怪我の予防やパフォーマンスアップ、ボディメイクなど、高齢者からトップアスリートまで一人ひとりに合った運動方法を提供している。

事業案内

会社名 株式会社nano
所在地 名古屋市

お仕事の業種(専門分野)を教えてください

谷口さん
パーソナルトレーニング

普段お仕事ではどんな事をされていますか?

谷口さん
痛み、姿勢、動きの改善や不定愁訴の解消、ボディメイクなど身体のお悩み改善

お仕事をはじめられたきっかけは?

谷口さん
何かスポーツに関わろうと思い中京大学に進学。
そこでアスレティックトレーナーという仕事に出会いトレーナーを志す。
またトレーナーの先輩との話やアメリカでのトレーナー研修も、トレーナーを志すきっかけとなった。

こどもの頃、大きくなったら何になりたかったですか?

谷口さん
サッカー選手かプロ野球選手

お仕事されるとき心がけておられることはありますか?

谷口さん
お客様の満足を引き出す笑顔とコミュニケーション

今後はどのような事に取り組んでいきたいですか?

谷口さん
医療、治療、介護分野との連携をとりながらより多くの方々の健康に携わりたいと考えています。
またアスリートのパフォーマンスアップや障害予防にも積極的に取り組んでいきます。

ご相談はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です