米盛 ゆみ子

アブライブプロジェクト
代表

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

Profile

兵庫県生まれ。約10年間イベントコンパニオン、ナレーターコンパニオン、各種イメージガールとして関西一円と中四国にて活動。その後、学問への情熱が捨てきれず愛知文教大学人文学部人文学科入学。哲学、歴史、社会学への見識を深めつつ、在学中にともに学ぶ学生の社会参画を進める活動を開始。

事業案内

会社名 アブライブプロジェクト
所在地 愛知県名古屋市北区辻本通

お仕事の業種(専門分野)を教えてください

柴田さん
学生の社会参画、学生支援とそれに関わる企画、運営、実行業務。個人カウンセリング、セラピー業務。

普段お仕事ではどんな事をされていますか?

柴田さん
学生と一緒にイベントのお手伝いをしたり、社会参画の企画を実行しています。また、学生と社会人との交流の場を作って、立場や世代を超えともに学び合う機会にして頂いてます。

お仕事をはじめられたきっかけは?

柴田さん
大学を卒業して最初に入社した会社で初めてWebシステム開発を覚えたのですが、とにかく作るのが楽しかったのが始まりです。

その後、一宮市を中心とした地元の中小零細企業のみなさんをITの分野でサポートしていきたいと思い、独立しました。

こどもの頃、大きくなったら何になりたかったですか?

柴田さん
舞台女優さんになりたかったです(*ノωノ)

それはある意味叶いました(;’∀’)

だって…女はみんな、女優じゃない?(笑)

他にも、料理人になりたかったり、老後は駄菓子屋のオバサンとして隠遁生活を送りたかったり、いろいろと迷走しました(笑)

父が日本料理をしていたので、その後ろ姿をみてやっぱり飲食のしんどさは並大抵じゃないと気付き、中学生くらいの時には挫折してたはず☆

料理は食べたいときに楽しく作るくらいが丁度いいです♪

駄菓子屋での隠遁生活の夢はまだ捨ててないですが…多動性あるので我ながらちょっと叶いそうにないなと諦め始めてます(笑)

というわけで、こどもの時の夢の実現は微妙ですが(笑)、大人になっても次々と夢が膨らむので、安心して夢を追いかけている幸せな大人になれました^^

お仕事されるとき心がけておられることはありますか?

柴田さん
まず自分が楽しむこと。

そして、学生が何を楽しいと感じているのかを汲み取ることです。

楽しいの向こうには未来がある。

その原動力がこれからを創っていくと思います♪

今後はどのような事に取り組んでいきたいですか?

柴田さん
まだまだ組織だった動きが出来てないのが課題です。

今後はインターンシップの紹介、セミナーの開催、更には企業様より請け負って、学生をモニターにし、学生の声を反映した商品企画なども、積極的に企画していきたいです。

それから、個人カウンセリングも承っていきます。

学生が社会性を身に付けるには、社会へ出てトライ&エラーの経験を積むことはもちろん重要ですが、同時に自身の心にしっかり向き合う力が必要です。

カウンセリングを通じての精神的支援もしっかりと行って参ります。

サガッスを通してPRしたい事があればどうぞ!

柴田さん

学生支援の活動をする中で、たくさんの経営者や管理職の方々と繋がることが出来ました。

そこで知ったのは経営者や管理職の方々の、精神的重圧の大きさです。

人にとって決断することは最も大きなこころの負担です。

様々な気晴らしやストレス発散が有効ですが、ぜひカウンセリングで癒されることも体験してみてください。

人の上に立ち、人を使う人にこそ、対話し受容される優しい時間が必要です。

もしご興味お持ち頂ければ、声を掛けて下されば幸いです。

その他なんでもご記入ください!

柴田さん
「キラキラと輝く大人達を見て、子ども達が将来に希望を持てる世界をつくる」っていうコンセプトに大変共感しました^^

大人も子供もお互いがお互いの未来です。

どっちにしろ諦めるわけにはいかないじゃないですか!

一緒にどんな未来が創っていけるのか、これからを楽しみにしてます♪

ご相談はこちらから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です